ANA上級会員に必要なプレミアムポイントとは?








Pocket

ANAには様々なポイントがありますが、プレミアムポイントをご存じでしょうか?ANAは上級会員のことをプレミアムメンバーと呼びますが、そのプレミアム、つまり上級会員になるための認定を目的としたポイントとなります。マイルとは別に飛行機に乗ってもらえるポイントとなるのですが、どのような仕組みになっているのでしょうか?

なお本文ではプレミアムポイントを略してPPとこの記事では書かせて頂きます。

プレミアムポイントとは?

改めて、PPは上級会員認定を目的としたポイントとなります!

正しく説明したいので、ANAより以下説明文を引用しています。

プレミアムポイントは、お客様が1年間にご利用いただいたANAグループ(ANA・エアージャパン・ANAウイングス)、スター アライアンス加盟航空会社およびスター アライアンス コネクティングパートナー運航便のご搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。毎年1月~12月に獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスをご利用いただけます。

ANAが言っていることは以下3点となります。

  1. ANAグループもしくはスターアライアンス加盟航空会社を利用すればPPは積算される
  2. PPは毎年1~12月の1年間で取得する必要がある
  3. 翌年度より該当の上級会員のステータスを付与される

まずはこの3つについて説明していきます。そして他にも注意してほしい点を補足していきたいと思います。

プレミアムポイント積算の対象となる便

ANAが上級会員を選ぶわけですからANAが指定する運航便が対象になります。

その対象は以下の3つです。

  • ANAグループ(ANA・エアージャパン・ANAウイングス)
  • スターアライアンス加盟運航会社
  • スターアライアンスコネクティングパートナー運航便

国内線を考えると、ANAグループ(ANA・ANAウイングス)運航便もしくはANA便名のコードシェア便となります。

ANA便名のコードシェア便:IBEXエアラインズ、AIRDO、ソラシドエア、スターフライヤーおよびオリエンタルエアブリッジが運航する日本国内のコードシェア便は、ANA便名にてご予約・ご搭乗の場合のみ、ANAグループ運航便として積算されます。

そして国際線はANAグループ(ANA・エアージャパン)運航便とスター アライアンス加盟航空会社運航便、最後にスター アライアンス コネクティングパートナー運航便となります。まずは下の写真をご覧ください。

スターアライアンス加盟航空会社ではユナイテッド、エアカナダ、ルフトハンザ、シンガポール、タイ、エバー航空などがありますね。

スターアライアンスコネクティングパートナーとして上海吉祥航空があります。この会社は1日に260便も香港・マカオ・上海などメジャーどころに飛ばしている超大型航空会社となります。

プレミアムポイント取得期間について

毎年1~12月の期間で獲得したPPによって翌年4~3月のプレミアムメンバーのステータスが決まります。

注意してもらいたいのがマイルの貯め方と異なります。マイルは3年間で失効しますが、このPPは毎年1~12月までを積算し、年を超えた1月1日にはリセットがかかり0になります

必ず必要なPPをその年の12月までに貯めましょう!

適応期間について

例として2020年7月にプラチナステータス(*後ほど説明いたします)条件の50,000PPを達成したとします。

そうなるとあなたは2021年度つまり2021年4月1日~2022年3月末までプラチナ会員になることができます!

ステータスを取るための期間が1~12月に対して、ステータスの適応は翌年の4~3月となります!

補足①

冒頭にも伝えた通り、このPPは飛行機に乗ることでしか集められません。そのため、PPとマイルの交換や合算はできません。いくらお金を持っていたり、マイルを持っていてもプレミアムポイントに買ったり変えたりすることができず、抜け道がないんです。上級会員になるために、飛行機をたくさん利用してANAにお金を落としましょう、ということですね。

補足②事前サービスの適応

さきほどの適応期間の例だと2020年7月にプラチナステータスに達成したのに適応は2021年4月からとなりますと、9か月も待たないといけないわけですよね。でもご安心ください。ANAは事前サービスを用意しており、ステータス獲得した数日後からプラチナステータスを楽しめることになるのです。つまり、2020年7月から2022年3月の1年9ヵ月もプラチナサービスを利用できちゃうわけです。

ただし、1点注意です!事前サービスを利用できるからと言ってもステータスの適応は必ず4月以降になります。つまり、2020年1月に達成したとしても事前サービスの適応は2020年4月以降になります。

(まとめ)プレミアムポイントとは?

ご理解できましたでしょうか?

今までの内容をまとめます。わからないところがあれば何度も読んで覚えてみてくださいね。

  • PP:ANAの上級会員を決めるポイントで飛行機に乗らないと貯まらない
  • 対象便:ANAグループとスターアライアンスおよびコネクティングパートナー運航便
  • 取得期間:毎年1~12月の間で貯める
  • 適応期間:翌年度4月~3月
  • 補足:PPに抜け道はありません。
  • 補足:ステータスに必要なPPを取得すると、その年も事前サービスを利用可能

ステイタスを獲得すると・・・

次にPPを貯めたらどんな特典を得られるのか説明したいと思います。

ANAはプレミアムポイントを獲得した上級会員をブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドの3つのステータスに分けています。

簡単に紹介すると以下ですかね。

  • ブロンズ:上級会員の入り口に入ったレベル
  • プラチナ:上級会員でほぼすべてのサービスを受けられる
  • ダイヤモンド:最上級会員となり、最上級のおもてなしを受けることができる

今回の記事でステータスごとの特典は省きますが、上級会員が受けられるサービスはこんなイメージ(一部)です。

  • ANAラウンジの利用(国内線&国際線
  • 優先チェックインカウンターの利用
  • 手荷物を優先的に受け取れる
  • 手荷物許容量の増加
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗
  • アップグレードポイント付与
  • フライトマイルボーナス(35%~50%)
  • ANAマイルからANAスカイコインへの交換率1.6倍

如何ですか?普段飛行機に乗らないとイメージがつかないかもしれませんが、チケットカウンターが混んでいたり、保安検査場が混んでいたり、ゲート前で長い列に並んだり、預け入れの荷物が出てくるのが遅かったり、フライト前の時間つぶす場所が無かったりしたことありませんか?せっかく楽しみにしている旅行なのにフライト前からストレスを抱えることありますよね!?

上級会員になればこういったストレスから解放されまするんですね。素晴らしいと思いませんか!?

なお、上級会員になりたいのであればプラチナ以上がお勧めです。なぜなら一生涯上級会員でいられるスーパーフライヤーズカードというものを得る資格がもらえるからです。スーパーフライヤーズについて興味があれば、以下記事をご参照ください。

【必読】ANA 上級会員が持つことを許されたSFC(スーパーフライヤーズカード)のすべて

ステイタス獲得条件

続いて各プレミアムメンバーの獲得条件について説明していきます。

  • 写真が示す通り、以下条件となります。
  • ブロンズ:30,000PP(うち半分がANAを使用してください)
  • プラチナ:50,000PP(うち半分はANAを使用してください)
  • ダイヤモンド:100,000PP(うち半分はANAを使用してください)

なぜこんなわかりずらい書き方をしているのでしょうか?

先ほどPPはANAグループ以外にも貯まると説明しましたよね?そうです、スターアライアンスを利用して貯めることが可能なんです。例えばANAを利用しないでスターアライアンスでプラチナに必要な50,000PP貯めたらどうでしょうか?ANAにはお金が落ちてこないのでメリット無いですよね?

なので、すくなくとも半分はANAをご利用くださいと言っています。なので、上級会員を目指す際は半分はANA便でとること覚えておいてくださいね。

プレミアムポイントの計算式

ここからはプレミアムポイントの計算式について理解を深めていきましょう。まず最初に計算式を下の図をご覧ください。

これがわかる方はこの計算式について読み飛ばしてください。

飛行機に慣れていない方は全く分からないですよね!?ここで見ていただきたいのは予約クラスの運賃種別ごとの積算率と路線倍率になります。

この2つは掛け算となりますね。加えて搭乗ポイントが加算されてプレミアムポイントとなるわけです。ここを理解すると目標の50,000pp取得をしやすくなると思います。

そして計算はこの章の最後で簡単にシミュレーションできるURLをご紹介しますのでここではひとつづつ理解してください。

区間基本マイレージ

ANAグループ運航便、スター アライアンス加盟航空会社運航便およびスター アライアンス コネクティングパートナー運航便のご搭乗区間ごとに定められたマイル数となります。ボーナスマイルやホテル・カードマイルなどは対象外ですのでご注意ください。

いくつか例を紹介します。

  • 羽田→那覇:984 / 羽田→熊本:568 / 羽田→伊丹:280 / 羽田→札幌:510
  • 羽田→シアトル:4,775 / 羽田→ホノルル:3,831 / 羽田→ロンドン:6,214 / 羽田→香港:1,823 / 羽田→クアラルンプール:3,338

予約クラス・運賃種別ごとの積算率

航空券にはファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスなどの座席クラスとは別に予約クラスが設定されています。一口にエコノミークラスといってもY/B/M/U/H/Q/V/W/S/T/L/Kなど予約クラスは細分化されていて、料金や制限事項によって差別化が図られているんです。

予約変更が可能だったり、取り消し時の手数料が少なめなど、融通の利く予約クラスほど料金は高くなっています。もちろん、飛行機に搭乗してしまえば受けられるサービスは同じ座席クラスであれば予約クラスで変わることはありません。

積算率は後ほど紹介する計算式で簡単にシミュレーションできます。ただしSFC修行するときには予約クラスを積算率に影響してくることを理解してください。

また「区間マイル*積算率 = フライトマイル」となります。

先ほどの羽田-那覇間の区間マイルは984です。この984に積算率を掛け合わせるわけです。150%のチケットの場合、1,476(984*1.5倍)マイルが貯まる計算ですね。

プレミアムポイントもこのフライトマイル(区間マイル*積算率)をベースに路線倍率と搭乗ポイントで決まるわけです。

150%付与される人もいれば、50%の付与の可能性もありますので、しっかり覚えてくださいね。

以下に国際線と国内線の積算率をそれぞれ表記致します。
ご参考にしてみてください。

もし詳しく知りたい場合はこちらの記事をご参照にしてみてください。

ANA SFC修行ってとても大変

ちなみに国際線でANA以外のスターアライアンス便を利用した場合も同じ考え方になります。

路線倍率

続いて路線倍率です。
以下の図のように国内線は2倍、国際線はアジア・オセアニア・ウラジオストクは1.5倍、それ以外の海外は1倍となります。スターアライアンス加盟航空会社を利用しても1倍となります。

ちなみに国際線でANA以外のスターアライアンス便を利用した場合にはどこでも1倍となります。

私は2019年にスターアライアンスのエバ―航空を利用して台湾に行ってみました。その時のプレミアムポイントについて記事にまとめていますのでスターアライアンスを利用して獲得を目指すのであればご参考にしてみてください。

ANA SFC修行 2019年 4回目 羽田⇔台湾(エバー航空)

搭乗ポイント

高いチケットを発券した場合は200~400pp/片道つくといったサービスになります。ここは先ほど紹介した国際線の予約クラス、国内線では該当運賃によって追加されるかが決まります。

詳しく書くこともできますが、この次に出るシミュレーションで計算できるので以下に簡単にまとめます。

  • 国際線:U/H/Q/V/W/S/T/L/Kは0pp、それ以外は400pp
  • 国内線:Super Valueは0pp、Premium Class、ビジネス、Flexは400pp

シミュレーション

お待たせいたしました。ANAは簡単にシミュレーションできるようWebを用意してくれています。マイル数や予約クラス、搭乗ポイントなど覚える必要もなく、必要な項目を入力するだけで計算できるんです。

URLを開くと以下画面が出てくると思います。ここに必要な情報を入力していきましょう。

ちなみに搭乗日とありますが、日程でマイル・プレミアムポイントは変わりません。搭乗日以外を記載していきましょう。下段の「利用運賃」が初めての人は難しいかもしれませんね。下段右にある「運賃の一覧はこちら」を利用して計算してみてください。

例として羽田-那覇のANA SUPER VALUE 28(運賃7)で入力してみました。そうすると下の写真が出出来ますよね?

この時、沖縄-那覇は片道で1,476プレミアムポイントとわかります。丁寧に内訳として区間基本マイレージ984、クラス・運賃倍率75%、路線倍率2倍、搭乗ポイント0と補足してくれます。是非触って覚えてください。

Q&A

さて、この記事も残り少なくなったところで、自分でもきになった内容について回答していきたいと思います。

プレミアムメンバー基準を達成したけど最短はいつから利用できるのか?

新しいステイタスがANAウェブサイトやアプリのデジタルカードに反映するのは、達成したフライトの約2~3日後となります。私の場合は2日でデジタルカードが変更されていました!

ANAのページでも以下確認できます。

プレミアムポイント条件達成からサービスご利用開始まで約2~3日後*スター アライアンス加盟航空会社運航便の空席待ちのお取り扱いについては、各社の都合により対応までに時間がかかる場合がございます

マイルとプレミアムポイントを足して、特典交換できるのか?

できません!プレミアムポイントは、「ご利用の多いお客様へのサービス」をご提供するための基準として、マイルとは別にカウントしているからです。

特典航空券を利用する場合、プレミアムポイントは積算対象か?

特典航空券はフライトマイルの積算対象外となります。先の計算でPPは「フライトマイル×路線倍率×搭乗ポイント」で計算されるため、フライトマイルが0なので積算されません。同様にマイルも貯まりません。

国内線線のアップグレードの時はどのように積算されるのか?

通常便からプレミアムクラスにアップグレードする方もいると思います。
そのときは+50%の積算率と覚えておきましょう。もともと購入した運賃の積算率に50%足して積算されます。
例)ANA SUPER VALUE 28の場合のフライトマイルについて
75%+50%=区間基本マイレージの125%

国際線線のアップグレードの時はどのように積算されるのか?

残念ながらアップグレードしてもプラスで積算されることはありません。
前の運賃での積算となります。

搭乗の翌年にマイル事後登録手続きを行った場合、プレミアムポイント積算対象になるか?

大丈夫です!マイル事後登録手続きが年内に完了しなかった場合にも、その年の搭乗実績はその年のプレミアムポイントとして加算されます。

ANAアプリでの楽しみ方

今時わざわざPCで自分のプレミアムポイントをチェックする人少ないですよね?スマホで見ることが多いと思いますので、そんなときはAMCのアプリをダウンロードし使うことをお勧めします。

実はプレミアムポイントを取得して上級会員を目指す方は修行をする方がとても多いです。毎日、あといくつでステータスになるなど考えながら見てしまうんです。

基本的にはPPで今の位置を確認することや、その画面にあるシミュレーションを利用して羽田から那覇でSuper Valueを利用して貯まるPPは?とかやったりすると思います。提示用デジタルカードを見ることができます。通常からブロンズ、プラチナと変わっていく画面を見るととても嬉しいんですよね!アプリについては以下記事をご参照ください。

【お勧め】ANAのアプリをインストールしましょう!

AMCから嬉しいメール

ちなみにANAマイレージクラブからもメールが届いたりします。

お誕生日おめでとうも嬉しいですし、もう少しでプラチナ会員です、プラチナサービス達成おめでとうなどとメールが届きます。

ANAから届くメールの写真がかっこよくて嬉しかったりもします。

2019年実績について

私は2019年にSFC修行ならぬ仕事ベースでプラチナステータスに達成することができました。

最終的には57,445PPと1年間変えて何とか達成できました。

仕事だけでプラチナ取れる人って意外と少ないと思いますので、皆さんが始められるときには1月から予定を決めて計画立てて修行をすることをお勧めいたします。良かったらこちらの記事もご参照ください。

2019年SFC修行を本気で検討してみた!

まとめ

今回はステータスを取得するために必要なプレミアムポイントについて説明してきましたが理解できましたでしょうか?

飛行機って普段乗りなれていないので、仕組みがわからないこと多いですよね?加えてよくわからない言葉が多かったりするんです。

自分で経験したことをベースに読み解いて今後も説明したいと思いますので、これからも宜しくお願い致します!

Pocket

広告

スポンサードリンク




スポンサードリンク








良い記事だったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です