Pocket

今回は趣向を変えて今月頭に行ってきました、伊豆のグランパルの紹介をしたいと思います。先週親族含めて家族旅行をしてきたのですが、ここ「伊豆ぐらんぱる公園」にいってきました。子供が楽しむのはもちろん、私も妻も楽しめましたので、皆様にも紹介したいと思います。この記事は2018/10/12に訪問した内容です。

さて都内エリアから国道1号線で湘南まで下り、茅ケ崎からは134号線で海沿いをドライブしながら西湘バイパスで小田原から熱海・伊東へ向かいます。熱海から40~50分程度でしょうか、混んでいなかったのでストレスなく到着です。天気は微妙でしたが、最後まで雨も降らず良かったです。お昼すぎから夕方までいましたが、少し寒かったです。この時期に行く人はパーカーぐらいがちょうどよいかもしれません。Tシャツは寒かったです(苦笑)

何故2歳以上にお勧めなの?

さてなぜ2歳以上かというと、自分で歩けるからです。やっぱり小さな子供が笑顔でいっぱい走り回ってくれるとうれしいですよね?加えて園内は4歳以上がお金を取られるのですが、2、3歳はお金を取られません。なのでお散歩ももちろんですがアスレチックも親と一緒に楽しめます。どこか家族旅行で子供連れて行きたいという方は一つご参考にしてみてください。

体験したアトラクションについて

以下の5個を体験してきました。ひとつづつ紹介します。

  1. ゴーカート
  2. リバーアイランド
  3. アスレチック
  4. Working Cars(ワーキングカーズ)
  5. 110m見晴らしスライダー

ゴーカートは乗っていないんですが、二人乗り仕様になっており、お父さんもしくはお母さんが運転して子供を載せてあげる感じになると思います。うちのチビ達は写真のようにゴーカートの手前の車に乗っているだけで喜んでおりました。

リバーアイランドは二人乗りになっているので私とちび太、妻とまめ太で乗りました。入場料とは別に利用料金がかかるのですが、子どもたちはかかりません。大人二人分を支払っただけです。プールのように水の上を小さいボートで回るのですが、少し揺れることもあって、写真は取れませんでした。

つづいてアスレチックです。さすがに2歳のちび太、まめ太は一人で遊ぶことはできませんでしたが、大人のサポートをつけて一緒に回りました。子どもたちはこれが一番楽しかったようで1時間ぐらいこれで遊んでました。

アスレチックの次は隣のエリアのWorking Cars(ワーキングカーズ)です。幼児は大人が同伴が必要です。しかも一番前だけと指定があるので、私とまめ太、妻とちび太で2回に分けて乗ってきました。遊園地の小さな乗り物ですが、子どもたちは嬉しそうな顔をしてくれて妻も私もにっこりです。

最後に110m見晴らしスライダーです。これも写真がなくて残念なのですが、階段で高台まで登ります。そこからビート板のようなものをおしりに引き子供を抱っこした状態でゆったりと滑ります。妻は高所恐怖症で登ってみたのですが、ギブアップとのことで私が2回子どもたちと滑りました。でも少し怖いです。110mの高台からゆったり滑るのですが、補助がありません。風が強い日などは注意が必要かもしれません。ちび太は途中から怖がってしまい膝の上に乗せていたのがいつの間にか胸に顔をうずめていました。2歳には少し早すぎたかもしれませんね。

他アトラクションの紹介

乗れなかったけど、次回来た時に子供と楽しみたい乗り物を紹介したいと思います。

・船型立体迷路~KAiZOKU~: 高さ11.4m、幅10m、長さ30m、敷地面積213㎡、延床面積417㎡、木製の国内初!船の型をした立体迷路です。

・バトルキング:人が搭乗できるロボットで対戦できるようです。最大100kgまでなので、子供を同伴で乗れるようです。800円かかるみたいですね。でも子供はロボットに興味津々ですので、次回やってみたいと思います!

・ウォーターバルーン 巨大な風船(バルーン)を空気で膨らませて人がその中に入り、水上を歩いて走って転がったり寝そべったり!こんなことができるアトラクションです。直径2メートルで2名まで乗れる「ウォーターバルーン」と、直径3メートルで4名まで乗れる「ビックウォーターバルーン」があり一人でもファミリーでも仲間同士でも楽しめるようです。家族4人で一緒にやってみたいですね。

営業時間(土日・祝日)

  • 9:00~16:00 11月~1/15
  • 9:00~16:30 1/16~2月末
  • 9:00~17:30 3月~5月
  • 9:00~18:00 6月~8月
  • 9:00~17:00 9月~10月
  • *年中無休です。

料金について

私たちはセブンイレブンチケットの前売りで購入しているので少しお得に入場できました。もともと大人(中学生以上)1,200円、小学生600円、幼児(4歳以上)400円の当日券より少し割引のある大人(中学生以上)1,000円、小学生500円、幼児(4歳以上)300円になります。今回6人の大人でいったので1,200円分(200円*6人)割引になりました。もし行くことが決まっている方は是非セブンイレブンで購入してみてください。

伊豆ぐらんぱる公園ってどこにあるの?(アクセス)

伊豆と書いてありますが、場所は熱海ではなく、伊東エリアになりますのでご注意ください。

〒413-0231 静岡県伊東市富戸1090 / TEL.0557-51-1122(代)

■電車での行きかた

  • 熱海駅より伊東線で伊東駅、伊東駅から伊豆急行線で伊豆高原駅まで
  • 伊豆高原駅から東海バスで約20分
  • 伊豆高原駅からタクシーで約10分

■車での行きかた

  • 東名高速道路、厚木ICより約85km(小田原厚木道路・国道135号線経由)
  • 東名高速道路、沼津ICまたは長泉沼津ICより約55km(伊豆縦貫自動車道・伊豆中央道・修善寺道路経由)
  •  *繁忙期、渋滞には「箱根ターンパイク」「伊豆スカイライン」の利用が便利のようです。

まとめ

今回は子供が小さいことと熱があって体調が万全じゃなかったので少ししか回れませんでしたが、小さいお子さんがいらっしゃるご家族には本当にお勧めです。子供を遊ばせながら奥さんや旦那さんと会話も弾むでしょうし、都会から離れているのでそのままどこか温泉のある旅館やホテルに泊まって過ごせると思います。私も来年は子供の成長とともに船型立体迷路や180mのジップライン(ワイヤーロープ)やウォーターバルーンにチャレンジしてみたいです。あと,2018/10/20より伊豆高原グランイルミというイルミネーションイベントをやっているようです。子供がいるので連れていけませんが、カップルでも夜景を楽しめるイベントかと思います。

良かったら感想を教えてもらえるとうれしいです。最後までお付き合い頂きありがとうございました~

Pocket

広告

スポンサードリンク




スポンサードリンク








良い記事だったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です