ANA SKYコインの有効な使い方について検証してみました!








Pocket

ANA SKY コインは、ANAの航空券や旅行商品のお支払いに利用できる電子クーポンです。マイルや提携各社のポイントより交換で貯めることが可能です。ANAマイレージクラブ会員なら、1マイル=1~1.7円で交換できるんです。この辺は後ほど説明してきます。例えば、使わないで残ったマイルや端数のマイルもANA SKY コインに交換すれば、10円単位で利用できますし、ANA SKY コインで購入した航空券では、フライトマイルが貯まります。

ANA SKYコインについて

ANA SKYコイン、それは10コイン単位で「1コイン=1円」としてANAの航空券や旅行商品の支払いに使うことができます。マイルを利用した特典航空券とは異なり、お金の代わり(電子クーポン)として利用できるわけです。

ただし、お金として使用できるため、範囲を限定してANAの航空券もしくは旅行商品のみとなります。

色々と制約もありますので、細かく紹介していきたいと思います。

ANA SKYコインとマイルの違い

ANA SKYコインはマイルと同じようにANAマイレージクラブが用意しているサービスとなりますが、マイルとの違いってわかりますか?
以下に簡単な比較表を用意しました。

マイルSKYコイン
使い方特典航空券
ホテル・ショッピング
提携先ポイントへ交換など
航空券支払い
旅行商品の支払い

貯め方フライト
他ポイントからの交換
クレジットカード利用
宿泊、ショッピング・他 
マイルをコインに交換
他ポイントからの交換
他サービスを使用して入手
有効期限3年1年
マイル
PP
特典航空券を使用しても
マイル・プレミアムポイント
が付与されない。
航空券を購入するので、
マイル・プレミアムポイント
が付与される。

マイルはANAマイレージクラブが用意するサービスで利用することができたり、提携ポイントに変えたりすることができます。いっぽうANA SKYコインはANAの飛行機に乗る時のみ、現金代わりに使えるコインとなります。そのため対象は飛行機(旅行商品含む)に乗ること限定で利用できます。

ただし、注意点としてマイルと異なり、有効期限が1年間となります。

ANA SKYコインは飛行機代金として利用できる、1年間の有効期限である、とのことですが、どちらもマイルのほうがお得なイメージになりますよね!?

でも上記の比較表でも書いてあります通り、マイルと比較して有効なメリットが1つあります。それは飛行機を利用した際に付与されるマイルとプレミアムポイントを得られるんです。そして、マイルからANA SKYコインに変換すると最大1.7倍の変換率となりますので、とても恩恵のあるシステムなんです!

対象者

ANAより

実際ANA SKYコインを誰が使うことができるのでしょうか?

ANA SKY コインを保有するANAマイレージクラブ会員本人
・会員本人が事前に特典利用者登録した人

特典利用者登録できるのは上記図の通り、会員である本人もしくは配偶者の2親等以内の家族となり、最大10名まで登録可能です。

そして、

適応範囲
旅行代表者が上記の場合は、他の友人たちの分にも適応することが可能なんです!

ただし、会員と家族の「ANA SKY コイン」を合算して使うことはできません。もし家族旅行に行く場合、それぞれが持つマイルをANAファミリーマイルに登録後、合算して、ANA SKYコインに交換すればOKですね。

ANA SKYコインの有効期間

マイルからANA SKY コインに交換した場合のANA SKYコインの有効期間は交換月より、12カ月目の末日となります。つまり有効期限を過ぎると無効となってたくさんあったコインも期日を過ぎると0になってしまうのです。

例えば2020年4月21日発行のANA SKYコインは2021年4月30日まで有効となりますが、2021年5月1日になった時点で、2020年4月21日に発行したSKYコインはすべて0になってしまいます。ご注意ください。

ちなみにANA SKYコインの有効期限内に航空券を購入したのであれば、航空券は問題なく、それぞれの有効期限内に利用できます。なお、各種キャンペーンで獲得したANA SKY コインについては有効期限が別で設定されていることもありますので、ご注意ください。

ANA SKYコインの払い戻しについて

ANA SKY コインを使用したチケットを購入した後にキャンセルした場合もANA SKY コインでの払い戻ししてもらえます。

ただし、ANA SKY コインで購入した航空券・旅行商品をユーザー都合で払い戻しをする場合、手続き時点で有効期限を過ぎているANA SKY コインは払い戻しできませんので、ご注意ください。

・ANA SKYコインで購入したチケットは払い戻しもANA SKYコインで戻ってくる
・ただし、払い戻し時点で有効期限を過ぎていた場合は払い戻しができない

ANA SKYコインの使い方

使い方はNAウェブサイトで購入可能なものに限られるのですが、簡単に書くと以下4件が対象となります。

・国内線航空券
・国際線航空券
・ANA Traveler’s 国内旅行商品
・ANA Traveler’s 海外旅行商品

注意事項として、特典航空券などのサービスとの合算や併用ができません。そしてANA Traveler’sの一部のレンタカー代金とかホテル使用料金だけといった単品のサービスには適用できません。あくまで飛行機代金が含まれるサービスに限られます。あとはANA SKY コインで支払った分の金額については領収書の発行ができないんです。

国内線/国際線航空券

AIRDO、IBEXエアラインズ、ソラシドエア、スターフライヤー、オリエンタルエアブリッジはANA便名のコードシェア便のみ対象になり、ANAウェブサイト(日本サイト)で発券が可能な運賃種別、旅程に限られます。また、普通席からプレミアムクラスにアップグレードされる場合の追加金額のお支払いにはご利用できません。予約の変更による差額分として利用することもできませんので、ご注意ください。

対象外は以下となります。

  • 特典航空券の申し込み
  • 他社便名および他社乗り継ぎ便が含まれる航空券のお支払い
  • 団体運賃、ビジネスきっぷ、いっしょにマイル割
  • 特別旅客料金、ストレッチャー料金、重量超過手荷物料金、従価手荷物料金、ペット料金、快速宅空便など追加での座席手配が必要な場合の料金等のお支払い
  • 特典航空券発券時の税金・燃油特別付加運賃・発券手数料等のお支払い

ANA Traveler’s旅行商品(国内/海外)

対象は以下2つのみとなります。つまりホテルやレンタカーなどのオプションは対象外となります。

  • ANAトラベラーズ パッケージツアー
  • ANAトラベラーズ ダイナミックパッケージ※ホテル、レンタカー、

ANA SKYコインの貯め方

貯め方はマイルと比べてかなり限られています。その方法は以下の4つです。

  • マイルからANA SKYコインへ交換
  • 他ポイントからANA SKYコインへ交換
  • サービスを利用してANA SKYコインをゲット
  • アップグレードポイントからの変換

簡単に紹介していきたいと思います。

マイルからANA SKYコインへ交換

マイルからANA SKYコインに変えるのが一般的ですが、交換レートは人それぞれとなり、1.0~1.7倍(最大)の交換率となります。

1マイルからANA SKY コインに交換できます!そして10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率が変動します。*ANAカードとは、カード表面に「ANA CARD」と記載されているカードを指しています。

ANAマイレージクラブの会員ステータスとANAカードの種類をまずは記載します。

・ANAマイレージクラブ会員:いわゆる通常会員(略AMC)
・ANA一般:ワイドカードやANA一般カード
・モバイルプラス:ANAの格安SIMモバイルを利用したユーザ
・SFC:スーパーフライヤーズカード
・ゴールド:ANAカード プレミアム、ANAゴールドカード
・プレミアム:ANAプレミアムメンバー(上級会員)

これらのメンバーは以下の交換倍率となります。

マイル数AMC
ANA一般

SFC
ゴールド
プレミアム
1~1.0倍1.0倍1.0倍1.0倍
10,000~1.2倍1.2倍1.2倍1.3倍
20,000~1.2倍1.3倍1.3倍1.4倍
30,000~1.2倍1.4倍1.4倍1.5倍
40,000~1.2倍1.5倍1.5倍1.6倍
50,000~1.2倍1.5倍1.6倍1.7倍

例えばプレミアムメンバーの人たちはいわゆる上級会員で10,000マイル以上ANA SKYコインに変えると1.3~1.7倍のレートを使用することができます。プレミアムメンバー出なかったとしてもANAカードと呼ばれるクレジットカードを持てば1.2~1.6倍とレートもプレミアムメンバーと大差ありませんね。

計算方法は以下を参考にしてみてください。例としてANAのホームページから引用しております。

ANA「プラチナ」メンバーでANAカード(クレジット機能付)をお持ちの方が25,124マイルをANA SKY コインに交換する場合、20,000マイル分は交換率1.4が適用され、残りの5,124マイルは交換率1.0になります。

ANAより

他ポイントからANA SKYコインへ交換

提携しているカード会社から直接、ANA SKYコインに交換することができます。ここでは交換できるポイントを書きます。記事が長くなるので交換率は記載しませんのでご容赦ください。

対象
永久不滅ポイント、フォートラベル、アプラスとっておきプレゼント、EPOSポイント、ケイタイde安心、nanacoポイント、Oki Dokiポイント、ダイナースクラブ リワードポイント、Gポイント、PeX、ネットマイル、ラブリィポイント、ベネポ、ライフカード、アメリカン・エキスプレス メンバーシップ・リワード

サービスを利用してANA SKYコインをゲット

インターネット、FX、美容、買い物、結婚式などを利用してコインを貯めることが可能です。結婚式は破格のコインをゲットできるので別記事にしますが、それ以外は他のポイントを提供してもらったほうがお勧めです。せっかくインターネット開通しても4,500円分ってもったいないので、PCとかつけてもらったほうが良いですね!

  • JFX株式会社:FXで一定の取引をして、7,200コイン
  • 楽天ブロードバンド:インターネット開通で、4,500コイン
  • WOWOW:契約で最大3,000コイン

アップグレードポイントからの交換

実は上級会員になった方はアップグレードポイントというものがもらえます。このアップグレードポイントは1ポイントに対して、1,000コインに交換可能なのです。

ただし、アップグレードポイントは名前の通りアップグレードとして利用したほうが有効活用ですので、アップグレードポイントを知りたい方は以下記事をご参考にしてみてください。

ワンポイントアドバイス

色々とANA SKYポイントについてご紹介してきましたが、皆さんが使われるときのユースケースを3つ考えてみました。

ユースケース1)マイルの有効期限が切れるとき

ANAのマイルは有効期限が3年となるため、期間延長ができません。なので、切れるぎりぎりを狙ってANA SKYコインに変えて有効期限を1年延ばすんです。その間にANAを使用した旅行を組めば、貯まったコインを10コイン単位で利用できるんですね。普段飛行機にそれほど多く乗っていない人には期間延長というメリットがあります!

ユースケース2)特典航空券がいっぱいで取れないとき

飛行機をよく利用している人は知っていると思いますが、実は特典航空券って意外とユースケースが限られるんです。例えば出張でためたマイルを利用して帰省するなど使われたり、夏休みや年末年始を利用しようとしても繁忙期は高いチケットを買う人が多いので、特典航空券の利用者を限定しています。

それを回避するために1年前から予約する人がたくさんいるんです。そんな1年前から予約するなんて普通の方はなかなかできないと思います。なので、繁忙期に飛行機を利用したい方はあえて、特典航空券ではなくANA SKYコインに交換して、チケットを購入することをお勧めいたします!

ユースケース3)上級会員を目指して修行中の時

最近、TVでも沸騰ワード10などで紹介されているので、ご存じの方も多いと思いますが、いわゆるANAの上級会員を目指しす方にお勧めです。

いわゆる上級会員を目指すことを修行と言いますが、特典航空券で飛行機に乗っても上級会員に必要なプレミアムポイントが加算されません!

でも多少なりマイルを持っているのであればANA SKYコインに交換して修行の費用を少しでも少なくすることが可能です!上級会員になれば素敵な世界が待っています。上級会員については、以下記事で詳しく取り上げていますので興味があれば参考にしてみてください。

検証)ANA SKYコインと特典航空券どちらがお得?

羽田⇔那覇の往復路線で特典航空券とANA SKYコインを利用したケースを考えてみたいと思います。

マイルで特典航空券を取得する場合(羽田⇔那覇)
・ハイシーズン:21,000マイル
・レギュラーシーズン:18,000マイル
・ローシーズン:14,000マイル
 *シーズンごとに必要なマイル数が異なります

ハイシーズン

ハイシーズンで特典航空券を取得すると、21,000マイル必要となります。そしてANA SKYコインでチケットを購入するとマイルももらえるわけですので、そのマイルも計算してみたいと思います。写真は最安値のバリュー3でもらえる片道のマイルは738マイルとなりますので、2倍の1,476を足すと22,476マイル分と考えます。この22,476マイルに1.6倍すると、¥35,962となりました。

チケット代は¥42,410ですので、以下結果となります。

・特典航空券の価値:¥42,420
・ANA SKYコインの価値:¥35,962
結果:¥6,458分、マイルのほうが価値がある!

レギュラーシーズン

続いてレギュラーシーズンでも同様に見ていきたいと思います。
特典航空券を取得すると、18,000マイル必要となりますが、ANA SKYコインでチケットを購入するともらえる1,476マイル(往復)を足して、1.6倍してみますと、¥31,162となります。

・特典航空券の価値:¥18,920
・ANA SKYコインの価値:¥31,162
結果:¥12,242分、ANA SKYコインのほうが価値がある!

ローシーズンも同様にANA SKYコインのほうが価値がありますので、割愛しておきます。

結果

つまり、国内線でマイル特典を利用した特典航空券とANA SKYコインに変えた価値というのは以下となります。

ANA SKYコインの価値
(区間往復に必要なマイル数+往復フライトマイル数)*1.6倍

ここで計算された金額が、特典で取ろうとしているチケット代金と差があれば、ANA SKYコインを利用したほうがよさそうですね!ただ上のハイシーズンをご覧いただいた方はわかると思いますが、ハイシーズンは安い航空券が用意されていません。なので、ANA SKYコインを利用するメリットはレギュラーシーズンとローシーズンと考えて頂いて大丈夫です!

まとめ

如何でしたでしょうか?ANA SKYコインを使用するにしてもマイルで使用したときのほうが価値があったり、SKYコインを利用したほうがお得だったりしますので、色々検証してみてください。

ただ、もしANAの上級会員を目指すのであればすべてのマイルはANA SKYコインに変えて修行してください。その時はANAカードを作ってスカイコインの換金レートを1.6倍にして使いましょうね!

Pocket

広告

スポンサードリンク




スポンサードリンク








良い記事だったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です