【必読】ANA 上級会員が持つことを許されたSFC(スーパーフライヤーズカード)のすべて








Pocket

ANAをはじめとした航空会社は頻繁に飛行機を利用するユーザーを上級会員と設定して、様々なサービスを提供していますが、この上級会員になると・・・飛行機の旅が劇的に変わります!

私は幸いにも仕事で飛行機をたくさん利用して2019年に上級会員になることができました。一般会員のときと上級会員になってからの飛行機で受けれるサービスは雲泥の差です。例えば飛行場の長い列に並ばずに持ち物検査をしたり、高級感あるラウンジを利用したり、優先搭乗を受けるなど様々です。

そんな上級会員も実は有効期限が1年間となっているのですが、ANAでは上級会員のプラチナもしくはダイヤモンドといったステータスになればSuper Flyers Card(スーパーフライヤーズカード)という年会費が必要なクレジットカードを持つ権利を得られます。このSuper Flyers Card(以後SFCと略します)を持ち続ける限り、一生上級会員のステータスを得ることができるのです!

覚えてほしいこと
そのSuper Flyers Card(以降SFC)を持ち続ける限り半永久的にそれらのサービスを受けることができるんです。

そのSFCを入手する条件として「プラチナス以上のテータスになる」なのですが、この条件が非常にお金も時間がかかります。界隈では「SFC修行」、「マイル修行」、「プラチナ修行」などと呼ばれていたり、これらの活動をする人たちを「修行僧」と呼んだりしております。SFCを取得するためには最低でも35~60万円ほどかかります。2019年のTVで「沸騰ワード10」でも紹介されるほど修行僧は増えており、多額の費用を支払ってでもSFCの恩恵があるわけなんです。

 

今回の記事でSFCのすべてについて書きますので、ANAの上級会員の仕組み、上級会員になるために必要なプレミアムポイントについて、Super Flyers Cardのメリット、プレミアムポイントの考え方、SFC修行のやり方をまとめてご紹介します。なので記事が大量となりますが押さえておきたいポイントですので最後までお付き合いください。

ANA上級会員の仕組み

ここではANAの上級会員の仕組みを知っていただき、どんなサービスを受けることができるのか説明していきます。

そもそも航空会社が上級会員を設定する理由

航空会社って日本だとANAとJALですが、海外にはたくさんの会社があります。我々ユーザーが利用するのは国内の航空会社だからとか、安いからとか何も考えずに利用している方が多いのではないでしょうか?さっそくですが、ここで質問です。

仮に1回/年に海外に行く人と12回/年も海外行く人どちらを航空会社は好むでしょうか?

もちろん後者ですね。後者のほうがたくさん飛行機を利用してお金を落としてくれるからです。

こういったヘビーユーザーを囲い込むために航空会社はマイレージプログラムと合わせて上級会員を設定しているわけです。上級会員になっても他社に逃げないようにサービスを充実させているのですが、このサービスが魅力的なことからお金をかけても上級会員を目指す人が後を絶たないんです。

上級会員が受けられる代表的なサービスについて

それではどんなサービスがあるのか紹介していきたいと思います。

主な特典
優先チェックインカウンター・専用保安検査場・ビジネスラウンジの利用・優先搭乗・荷物優先受け取り・フライトボーナス

優先チェックインカウンター

上級会員になるとビジネスクラスのチェックインカウンターで手続きを済ませることができます。ビジネスクラスのチェックインが可能のため、手荷物容量の優遇燃えることができます。待ち時間がほとんどないのも魅力的ですよね。

専用保安検査場

上級会員になると専用の保安検査場を利用することができます。一般の保安検査場が込み合っていても上級会員は専用の保安検査場を利用でき時間短縮ができるわけです。搭乗時刻が迫っているときは特に恩恵を感じると思います。

ラウンジの利用

航空会社のラウンジは限定された選ばれしもののみ立ち入ることの許された特別な空間です。飛行場で飛行機を待つ間の時間ってとても長く感じたり免税店を見て歩くことから足が疲れたりしていませんか?ビジネスクラス以上の限られた空間を上級会員は共有できます。リッチな食事やアルコールなど無料で楽しめるのです。

優先搭乗

上級会員は搭乗時、一般の利用客よりも先に機内に入ることができます。通路の長い列に並ばずにスムーズに着席できますし、先に機内に入ることから手荷物を先に機内に入れることができますので自分の席の周りでスペースを探すような手間を省けます。

荷物優先受け取り

上級会員が預けた手荷物にはPRIORITYと記されたタグがつけられ、到着空港のターンテーブルでいち早くピックアップすることができます。終電まじかの受け取りの場合、上級会員で良かったと実感します。

フライトボーナス

上級会員はフライトごとにボーナスマイルが加算され、一般の利用客よりも多くのマイルを獲得することができます。マイルをためていつかハワイに、と思っている人はとてもためやすくなります。

このほかにも国内線予約の事前受付、座席指定の優先、予約時の空席待ちの優先など受けることができます。

ANA上級会員の呼び方

ANAではこれらの上級会員をプレミアムメンバーと総称しています。

ただ、プレミアムメンバーの中でも3つのランクに分かれており、最上級の会員と一番下の会員ではまるでサービス内容が異なります。

のちほど口述致しますので、イメージ図だけにとどめます。

ANAプレミアムメンバーについて

上記のサービスは代表的なサービス内容ですが、いかがでしたか?あなたが上級会員であればすべて利用することが可能なんです。

ここからは上級会員、つまりANAプレミアムメンバーについて説明していきます。

冒頭で紹介したようにスーパーフライヤーズカード(SFC)を取得するのが目的ですよね?

目標のSFC取得の条件として上級会員のANAプレミアムメンバーであるプラチナステータス以上になる必要があります。

まずはANAプレミアムメンバーの種類とプラチナステータスになるための方法を紹介していきます。

ANAプレミアムメンバーの種類

ANAプレミアムメンバーとはANAの飛行機をたくさん利用しているお客様にANAが与えた上級会員のステータス全般を指しています。

下の図の通り、ANAではステータスを上からダイヤモンド、プラチナ、ブロンズといった三段階の上級会員を用意しており一般会員と分けております。

このダイヤモンド・プラチナ・ブロンズをもつ方々をANAはANAプレミアムメンバーと呼びます。そのため、界隈では「ANA上級会員」とか「プラチナ」・「ダイヤモンド」などと呼ばれたりしています。

飛行場で優先搭乗の案内をしているときにANAプレミアムメンバーのお客様とかダイヤモンドメンバーなどの案内を聞いたことはありませんか?
そこで案内されている人たちは既に上級会員なわけです。

ANAプレミアムメンバーには会員ランクによって受けることのできる特典も異なります。
例えばダイヤモンドメンバーはプラチナで入れるラウンジと異なりANAスイートラウンジという最上級のサービスを受けれたりもします。
もっともランクが低いブロンズではさきほど説明したサービスのほとんどを享受ができません。正直、名ばかりの上級会員といったイメージです。

さきほど紹介したサービスはダイヤモンド・プラチナのステータスの上級会員を示しておりますので、ご注意ください。

 ANAプレミアムメンバーになるための方法

ANAプレミアムメンバーになるためには原則としてANAグループ運航便またはスターアライアンス加盟航空会社の飛行機に搭乗することで獲得できるプレミアムポイントを貯める必要があります。プレミアムポイントについては次章で説明していきますのでここでは各種ステータスに必要なプレミアムポイントを頭に入れておきましょう。

冒頭でも説明しましたが、上級会員としてサービスを十分に受けられるのはプラチナ・ダイヤモンドの2つとなります。

プラチナを目標とする場合、50,000プレミアムポイントを貯める必要があるのですが、「うちANAグループ運航分ご利用分25,000」と書いてありますよね?

これも必要な条件で、仮にANA以外のスターアライアンス加盟航空会社を利用して50,000プレミアムポイントを達成してもステータスはもらえないんです。

ANAとしては自分たちのところにお金を落としてほしいわけで、25,000プレミアムポイントはANAを利用してくださいと意味しています。

また、このプレミアムポイントはある定義がされています。ANAのホームページより拝借して引用いたします。

一年間のプレミアムポイント数で、翌年度のプレミアムステイタスが決まります。毎年1月から12月に獲得したプレミアムポイントの数に応じて翌年度のステイタスが決定し、4月から1年間にわたって「プレミアムメンバーサービス」をお楽しみいただけます。翌年度のステイタスが決定する12月末日よりも早く、各ステイタスに必要なプレミアムポイントを獲得されたお客様には、翌年3月末日まで、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズそれぞれのプレミアムメンバー事前サービスをご利用いただけます。

少しわかりづらいですよね?要約すると以下となります。

  • 毎年1月より12月の1年間の間でプレミアムポイントというものを獲得すること
  • 利用期間は翌年の4月から1年間
  • 獲得したタイミングから事前サービスを利用できる

つまり何年もかけて少しづつ貯めることができず、1~12月の1年間の間に集中して貯める必要があるんです。

仮に2020年10月にプレミアムメンバーを目指して活動して2020年12月に20,000プレミアムポイントを貯めたとします。しかし2021年1月1日にはプレミアムポイントは0になってしまうんです。なので、1月から計画的にプレミアムポイントを貯めていく必要があります。

そしてプレミアムメンバーの有効期限は1年間のみとなります。

ステータスは1年間のため、継続するためには毎年1月より飛行機に乗り続けてプレミアムポイントを貯め続けていかなければいけないんです。相当な出張族か大金持ちでないと難しいですよね?

ここで覚えていただきたいのは以下の4点です。

  • ANAおよびスターアライアンス加盟航空会社を利用して50,000プレミアムポイント以上貯める
  • ただしANA便を利用して半分のプレミアムポイントを貯める必要あり
  • プレミアムポイントは毎年1~12月の間で貯める必要があり翌年には持ち越せない
  • プレミアムメンバー適応は1年間のみ

ステータスごとで得られるサービスについて

ここでは各種ステータスごとにANAが提供しているサービス概要を紹介したいと思います。

プラチナとダイヤモンドメンバーのみの特典SFC

上記でステータス継続ってとても大変、ということが分かったと思います。せっかく上級会員になったわけですから継続しないと魅力ありませんよね?

ANAはそんな上級会員であるプラチナ・ダイヤモンドのステータスをもった人たち限定で、SFCの招待をしております。

以下ANAのHPより引用となります。

「ダイヤモンドサービス」メンバーまたは「プラチナサービス」メンバーが特別にお申し込みいただける、スーパーフライヤーズカード。ご入会いただくと、スーパーフライヤーズ会員の間は上級会員向けのサービスをご利用いただけます。

なので、プラチナステータスを達成すればSFCという年会費(おおよそ¥16,500/年)が必要なクレジットカードを手にして半永久的にANAの上級会員になれるわけです。

(まとめ)ANAプレミアムメンバー

ここまでがANAの上級会員であるANAプレミアムメンバーについての紹介とSFCへの入り口であるプラチナステータスを目標にすることを書きました。

  • ANAではステータスを上からダイヤモンド、プラチナ、ブロンズといった三段階
  • SFCを目指すならプラチナステータスである50,000プレミアムポイント(うちANAグループ運航分ご利用分25,000)を貯める必要がある
  • プレミアムポイントは毎年1~12月の間で貯める必要があり翌年には持ち越せない
  • プレミアムメンバー適応は1年間のみ

肝心のプレミアムポイントを理解してもらう必要がるので、第4章より説明し参ります。

SFC(スーパーフライヤーズカード)について

この章ではSFCの特典や年会費について触れたいと思います。

SFCの特典紹介

それでは、SFCを保有したとき一体どのような特典を受けることができるのでしょうか?

SFC会員の特典を説明すると、ANAプレミアムメンバーの「プラチナ会員とほぼ同等」といえば分かりやすいかと思います。

つまり、最上級のダイヤモンド会員とまではいかないものの、ビジネスクラスの豪華な特典を受けることができるのです。

イメージはこんな感じです。

ダイヤモンド会員 > プラチナ会員(≒SFC会員)> ブロンズ会員

ANAプレミアムメンバーで紹介しましたが、以下図をご覧ください。

  ダイヤモンド プラチナ ブロンズ スーパーフライヤーズ会員
スターアライアンスステータス ゴールド ゴールド シルバー ゴールド
国内線予約の先行受付
座席指定の優先(国内線)
国際線事前座席指定料金の免除
予約時の空席待ちの優先
特典航空券予約の優先(国内線)
特典航空券予約の優先(国際線)
優先チェックインカウンター ▲ 一部プレミアムエコノミーカウンター
手荷物許容量の優待(国内線) ● +20kg ● +20kg ● +20kg
手荷物許容量の優待(国際線線) ● +1個 ● +1個 ● +1個 ● +1個
専用保安検査場
ラウンジの利用 ● 本人+同行者1名 ● 本人+同行者1名 ● 本人+同行者1名
優先搭乗
手荷物優先受け取り
空港での空席待ちの優先
アップグレードポイント ● 4pt
フライトボーナスマイル ● 115~130% ● 90~105% ● 40~55% ● 35~50%
マイル有効期限の延長
マイルからANA SKYコインへの特別倍率 ● 最大1.7倍 ● 最大1.7倍 ● 最大1.7倍 ● 最大1.6倍

ほぼプラチナ会員とスーパーフライヤーズ会員って変わらないですよね?

プラチナからダウングレードする部分は「国際線事前座席指定料金の免除」、「アップグレードポイント」、「フライトボーナスマイル」、「マイルからANA SKYコインへの特別倍率」の4つのみです。

ダウングレードと言っても飛行機に乗らずとも特典を受けれる時点で素晴らしいんですけどね。

皆様の利用したい特典はありましたでしょうか?
個人的には以下特典が好きなポイントとなります。

  • ANAラウンジの利用(国内線&国際線)
  • 優先チェックインカウンターの利用
  • 手荷物を優先的に受け取れる
  • 手荷物許容量の増加
  • 専用保安検査場の利用
  • 優先搭乗
  • アップグレードポイント付与
  • フライトマイルボーナス(35%~50%)
  • ANAマイルからANAスカイコインへの交換率1.6倍

たくさんありますね(笑)少し絞って、スターアライアンスゴールドやSFCカードを家族で発行することなども紹介いたします。

(特典)ANAラウンジ

上級会員のANAプレミアムメンバーになったら一番利用するのではないでしょうか? ANAが直接運営しているビジネスラウンジとなりますので、クレジットカードで入場することができるカードラウンジとは全く異なった快適な空間です。加えて場所はゲート近くにあり時間が許す限り利用制限なく楽しめます。国内線のloungeではアルコールとおつまみ程度ですが、国際線ではとてもおいしい食事やお酒をたくさん用意してくれています。空港に早めに入ってloungeで楽しむというのもありですよね!?

(特典)優先チェックインの優遇

SFC会員になるとプレミアムメンバー専用のチェックインカウンター(ANAプレミアムチェックイン)を利用することが可能です。最近は自動発券機が増えてきているのでカウンターが混むことは少なくなっていますが、海外でも同様に利用できます。海外では搭乗手続きで結構行列できてたりしませんか?そんな場合でも、その行列ではなく隣りの専用チェックインカウンターで手続きができます。また、手荷物預け入れでも「プライオリティタグ」という特別なタグを付けてもらいます。このタグが張られていれば手荷物受取時にあなたのバックが優先的に出てきます。手荷物が出てくる順番って、預けた順番ではなくプレミアムメンバーの荷物を出した後にその他の人の荷物を出す手順となっています。プレミアムメンバーの手荷物は取り出しやすい位置に積載されているようで、プライオリティタグが付いた手荷物はベルトコンベアが回り始めて早いうちに出てくるので、首を長くして待つ時間から解放されます。

(特典)優先搭乗

ゲート前で飛行機の搭乗を待っているときによく、「ANAプレミアムメンバーの・・・」とアナウンスが流れていますよね?この時優先搭乗のご案内をしているんです。あなたはSFC会員となりますので、ダイヤモンドの次に恩恵を受けることができます。はじめは体の不自由な方・2~3歳未満の子連れの方、ダイヤモンド会員が優先されるのでその次に呼び出されます。荷物を入れたくても既に機体の荷物入れに入れられないなどありますよね?これで一発で解消です!

(特典)スターアライアンスゴールドメンバーゴールドの恩恵

プラチナ会員、SFC会員になると自動的にスターアライアンスのゴールドメンバーになれます。

つまりANA以外の航空会社を利用する場合でも、スターアライアンスの加盟航空会社であればANAの上級会員と同等にその航空会社でも同様のサービスを受けることができます。

2020/03時点情報
スターアライアンスに加盟している航空会社は、26社あります

私は仕事で海外に出張へ行くのですが、ANAのチケットが高いときは他スターアライアンス加盟航空会社を利用しております。タイや香港、台湾でも優先搭乗や優先チェックインカウンター、航空会社直営のビジネスラウンジを利用して空の旅を快適に過ごすとことができました。

特に海外の空港ラウンジは、日本の空港よりも豪華なところも多く、至福な気持ちに浸ることができたりします。例えばマレーシアのゴールデンloungeとかですね。

(特典)SFC家族カード

例えば家族と一緒に旅行する場合、同行者1名までANAラウンジを利用することが可能です。

しかし旦那さん・奥さん・子供の3名の場合、SFC会員の本人ともう一人しか利用できないんです。これを補填する考えとしてSFCの家族カードというものがあります。

奥さんが家族カードを発行すれば奥さんもプレミアムメンバー同等のSFC会員として扱ってくれるわけです。つまり、家族の誰か1人がSFC会員で家族が家族カードを発行すれば、全員SFC会員となることも可能なんです。*家族カードの発行は、18歳以上となります。

子どもの場合、SFC会員の同伴者として例外的に特典を受けることができる場合が多いため、子ども自身がSFC会員になれずとも、意外と不自由する場面はそうありません。

利用条件で注意しましょう

ちなみに、ANAもしくはスターアライアンスの航空会社ではない飛行機を利用する場合、これらのサービスは一切使えませんのでご注意ください。

例えばJALの航空券をもってANAラウンジを利用することはできません。当たり前とえ言えば当たり前なのですが、昔の自分はこんな間違いをしておりました(笑)

SFCの年会費

ANAのスーパーフライヤーズカードは年会費がかかります。無料のカードではありません。

SFCを保有し続けるためには、選ぶカードによって11,275~170,000円/年の年間費を払う必要があります。

おススメは16,500円のANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード(VISA)となります。16,500円は確かにもったいないという考え方もありますが、飛行機を利用してこのサービスを知っている方は絶対やめられない特典です。本来、プレミアムメンバーステータスを維持するだけでも毎年50万円近くの出費が必要になりますので、16,500円払ってこの価値を毎年買うと考えたほうが良いです。通常クレジットカードからマイルに変えると換算率が50~70%だと思いますが、このクレジットカードは100円=1マイル以上になることと、年間2,000マイルもらえること、飛行機に乗るときに使用できるアップグレードポイントが4ptもらえるなど16,500円の支払い以上に特典があるものと考えます。

他のクレジットカードをやめてこのカードに一本化することをお勧めします!

SFCの条件

さて、SFCの条件となりますが、、覚えておりますでしょうか?ANAプレミアムメンバーの項目で紹介いたしました通り、ANAプレミアムメンバーであるプラチナ会員になることです。確かに、プラチナ会員になるのは簡単ではありません。しかし、プラチナ会員の条件をたった1回だけ達成できれば、その後は毎年のようにプレミアムポイントを貯める必要はないのです。

SFCには入会手続きが必要

プレミアムポイントが50,000ポイント貯まると、スーパーフライヤーズカードへの入会が可能になります。

ただし、自動的にスーパーフライヤーズカードが発行されるわけではなく、SFC修行後に入会手続きが必要なので注意してください。

プラチナメンバーになったら、ANAのホームページより「スーパーフライヤーズカード 入会申込書」で検索して必要項目を記入の上、入会申込書をを取り寄せてましょう。

残念ながらWeb上で申し込みはできず、自宅に届く入会申込書を記載し、審査を合格したらSFCカードをゲットできます。

(まとめ)SFCについて

  • ・(写真)ダイヤモンド会員 > プラチナ会員(≒SFC会員)> ブロンズ会員
  • ・スターアライアンスの航空会社でも同様に各種サービスを利用可能
  • ・お勧め:ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード(VISA)*年間費:¥16,500
  • ・プレミアムポイントが50,000達成したら自分で入会申し込みをする必要あり

プレミアムポイントについて、プレミアムポイントの考えたた

あなたはSFC取得に向けてプラチナ会員になるべくプレミアムポイントを1~12月の間に50,000ポイント貯めなければいけません。大分長くなってしまいましたが、プレミアムポイントについて説明していきます。

プレミアムポイントは上記でも触れておりましたが、プレミアムメンバーの認定を目的としたANAおよびアライアンスパートナー運航便の飛行機に有償で乗りまくって貯めるポイントこととなります。

飛行機に搭乗したり、ANAカードでショッピングして貯める「マイル」ではないんです。

例えばマイルが貯まっていて特典航空券を利用した場合、プレミアムポイントは付与されません。抜け道はなくお金をかけて飛行機に乗り続けるのです!

この界隈ではこのステータスを取りたいことから飛行機に乗り続けることを「SFC修行」や「ステータス修行」と呼んだり、ステータスを取る人たちのことを修行僧と呼んだりします。

これはひとえに簡単ではないことから修行と呼ばれているんです。修行に必要なプレミアムポイントについて説明します。

プレミアムポイントとは?

以下ANAのホームページより引用となります。

プレミアムポイントは、お客様が1年間にご利用いただいたANAグループ(ANA・エアージャパン・ANAウイングス)、スター アライアンス加盟航空会社およびスター アライアンス コネクティングパートナー運航便のご搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。毎年1月~12月に獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスをご利用いただけます。

これらの内容は以下2つを示しています。

  • プレミアムポイントはステータスを決定するためのポイント
  • 1~12月の1年間で清算し、翌年に持ち越すことができない

つまり2020年に貯めたポイントは2021年1月1日時点でプレミアムポイントが0になります。必ずその年の12月末までに目標である50,000プレミアムポイントを貯めてください!

ここでプレミアムメンバー事前サービスという内容について説明コメントがありますので、補足説明いたします。

翌年度のプレミアムステイタスが決定する12月末日よりも早く、各ステイタスに必要なプレミアムポイントを獲得されたお客様には、翌年3月末日まで、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズそれぞれのプレミアムメンバー事前サービスをご利用いただけます。

例えば2020年8月30日に50,000プレミアムポイントを達成した場合、2日後の2020年9月1日からこのサービスを事前に適用できます。(この2日は実体験のため実際には若干ずれがある可能性もございます。)そのため2020年9月1日から2021年3月末までがプラチナメンバーの事前サービス期間として、2021年4月~2022年3月までが従来用意された適応期間となります。

事前サービス期間も合わせると1年6か月適応してもらえるわけで、この事前サービスを利用したいことから飛行機に乗りまくって早くステータスを取る方も多くいらっしゃいます。

ただ注意が必要で、ステータスの適応は必ず4月から翌年の3月となりますので、仮に2020年1月に達成したとしても事前サービスの適応は2020年4月からとなります。

プレミアムポイントの計算式

ここからはプレミアムポイントの計算式について理解を深めていきましょう。まず最初に計算式を下の図をご覧ください。

これがわかる方はこの計算式について読み飛ばしてください。

飛行機に慣れていない方は全く分からないですよね!?ここで見ていただきたいのは予約クラスの運賃種別ごとの積算率と路線倍率になります。

この2つは掛け算となりますね。加えて搭乗ポイントが加算されてプレミアムポイントとなるわけです。ここを理解すると目標の50,000pp取得をしやすくなると思います。

そして計算はこの章の最後で簡単にシミュレーションできるURLをご紹介しますのでここではひとつづつ理解してください。

区間基本マイレージ

ANAグループ運航便、スター アライアンス加盟航空会社運航便およびスター アライアンス コネクティングパートナー運航便のご搭乗区間ごとに定められたマイル数となります。ボーナスマイルやホテル・カードマイルなどは対象外ですのでご注意ください。

いくつか例を紹介します。

  • 羽田→那覇:984 / 羽田→熊本:568 / 羽田→伊丹:280 / 羽田→札幌:510
  • 羽田→シアトル:4,775 / 羽田→ホノルル:3,831 / 羽田→ロンドン:6,214 / 羽田→香港:1,823 / 羽田→クアラルンプール:3,338

予約クラス・運賃種別ごとの積算率

航空券にはファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスなどの座席クラスとは別に予約クラスが設定されています。一口にエコノミークラスといってもY/B/M/U/H/Q/V/W/S/T/L/Kなど予約クラスは細分化されていて、料金や制限事項によって差別化が図られているんです。

予約変更が可能だったり、取り消し時の手数料が少なめなど、融通の利く予約クラスほど料金は高くなっています。もちろん、飛行機に搭乗してしまえば受けられるサービスは同じ座席クラスであれば予約クラスで変わることはありません。

積算率は後ほど紹介する計算式で簡単にシミュレーションできます。ただしSFC修行するときには予約クラスを積算率に影響してくることを理解してください。

また「区間マイル*積算率 = フライトマイル」となります。

先ほどの羽田-那覇間の区間マイルは984です。この984に積算率を掛け合わせるわけです。150%のチケットの場合、1,476(984*1.5倍)マイルが貯まる計算ですね。

プレミアムポイントもこのフライトマイル(区間マイル*積算率)をベースに路線倍率と搭乗ポイントで決まるわけです。

150%付与される人もいれば、50%の付与の可能性もありますので、しっかり覚えてくださいね。

以下に国際線と国内線の積算率をそれぞれ表記致します。
ご参考にしてみてください。

もし詳しく知りたい場合はこちらの記事をご参照にしてみてください。

ANA SFC修行ってとても大変

ちなみに国際線でANA以外のスターアライアンス便を利用した場合も同じ考え方になります。

路線倍率

続いて路線倍率です。
以下の図のように国内線は2倍、国際線はアジア・オセアニア・ウラジオストクは1.5倍、それ以外の海外は1倍となります。スターアライアンス加盟航空会社を利用しても1倍となります。

ちなみに国際線でANA以外のスターアライアンス便を利用した場合にはどこでも1倍となります。

私は2019年にスターアライアンスのエバ―航空を利用して台湾に行ってみました。その時のプレミアムポイントについて記事にまとめていますのでスターアライアンスを利用して獲得を目指すのであればご参考にしてみてください。

ANA SFC修行 2019年 4回目 羽田⇔台湾(エバー航空)

搭乗ポイント

高いチケットを発券した場合は200~400pp/片道つくといったサービスになります。ここは先ほど紹介した国際線の予約クラス、国内線では該当運賃によって追加されるかが決まります。

詳しく書くこともできますが、この次に出るシミュレーションで計算できるので以下に簡単にまとめます。

  • 国際線:U/H/Q/V/W/S/T/L/Kは0pp、それ以外は400pp
  • 国内線:Super Valueは0pp、Premium Class、ビジネス、Flexは400pp

シミュレーション

お待たせいたしました。ANAは簡単にシミュレーションできるようWebを用意してくれています。マイル数や予約クラス、搭乗ポイントなど覚える必要もなく、必要な項目を入力するだけで計算できるんです。

URLを開くと以下画面が出てくると思います。ここに必要な情報を入力していきましょう。

ちなみに搭乗日とありますが、日程でマイル・プレミアムポイントは変わりません。搭乗日以外を記載していきましょう。下段の「利用運賃」が初めての人は難しいかもしれませんね。下段右にある「運賃の一覧はこちら」を利用して計算してみてください。

例として羽田-那覇のANA SUPER VALUE 28(運賃7)で入力してみました。そうすると下の写真が出出来ますよね?

この時、沖縄-那覇は片道で1,476プレミアムポイントとわかります。丁寧に内訳として区間基本マイレージ984、クラス・運賃倍率75%、路線倍率2倍、搭乗ポイント0と補足してくれます。是非触って覚えてください。

(まとめ)プレミアムポイント

  • ・マイルとは異なり、飛行機に乗って集めるポイント
  • ・プレミアムポイントはステータスを決定するためのポイント
  • ・1~12月の1年間で清算し、翌年に持ち越すことができない
  • ・区間マイル、積算率、路線倍率、搭乗ポイントで計算できる
Pocket

広告

スポンサードリンク




スポンサードリンク








良い記事だったらシェアしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です